お風呂クリーニングがもたらす効果は?よくある疑問や解決策を詳しく解説

お風呂をクリーニングするとどういった効果があるのか?プロに任せるとどういった効果があるのかを解説していきます。
普通に掃除するよりもどういった効果があるのかという疑問が出てくるでしょう。
もちろん有料でお願いするだけの効果とメリットが出てくるのかを解説していきます。
浴室のざらざらした汚れや水垢を、プロの技ですっきりと落ちていくのがメリットといえるでしょう。
石鹸カスや水垢は、専用洗剤で浸してつけおきしておきます。

お風呂クリーニングがもたらす効果は?よくある疑問や解決策を詳しく解説

お風呂のしつこいザラザラ汚れや水垢は、プロの技ですっきりと落とせるのです。
床の黒ずみや壁の皮脂汚れも、専用の分解クリーナーでクリーニングをしていきます。
普通の掃除と何が違いのかの疑問が出てきますが、まずクリーナーの質から違うので、一般人がするお風呂掃除よりもピカピカの仕上がるのが魅力です。
浴室で一番汚れが溜まる排水溝も、専用の機械で徹底除去していきます。
水垢やくもりがとれない鏡もきちんとピカピカにしてくれるのです。

お風呂クリーニングを依頼するメリットとは?

自分の力ではなかなか隅々まで綺麗にできない部分を、徹底して清掃してくれることで利用者からの満足度も高いクリーニングサービスは、お風呂を対象にしたサービスも人気を集めています。
水回りの設備に共通している汚れの特徴に、カビやぬめりなどを挙げることができますが、専門の清掃会社にはそれらを徹底除去して、清潔な状態を維持できる洗剤や薬品を使用しています。
一般には販売されていない強力なタイプや、清掃能力の高いものが使われますので、圧倒的な綺麗さを実現できることが大きなメリットと言えるでしょう。
またお風呂によっては自動湯はり機能のあるタイプも見られ、それらの配管の中には皮脂汚れやカビ、その他の付着物や細菌類が多数残存しているものです。
お風呂クリーニングでは、その配管汚れに対してもしっかりと汚れを落として除菌を行ってくれますので、清潔で気持ちの良い入浴タイムを実現することができることもメリットです。
ぜひ専門のプロの力で、お風呂を徹底的に清掃してもらってみてはいかがですか。

お風呂クリーニングではどんな薬剤を使用する?

毎日使用するお風呂ですが、こまめに掃除をしていないとカビやぬめりによってすぐに汚れが目立つようになってしまいます。
清潔できれいな浴室を維持するためにも、掃除のプロによるお風呂クリーニングで使う薬剤の種類をチェックしていきましょう。
まず浴室内で起こりやすい汚れには、水垢やカビ、石鹸カスや皮脂汚れ、髪の毛や埃などのゴミなどが挙げられます。
そこで使用されるのが中性タイプに酸性タイプ、アルカリ性タイプに塩素系漂白剤などがあり、石鹸カスが気になるなら、酸性の洗剤を使うことがポイントで、皮脂などの対策にはアルカリ性の洗剤を使うなどトラブルに応じて使い分けることがポイントです。
基本的には中性洗剤一つあれば大体の汚れは落とすことができますが、汚れが特にひどい場合には重曹やクエン酸を使ったり、カビ対策には塩素系漂白剤を使うことがおすすめです。
特に塩素系漂白剤は1~2週間に1回程度使うと、黒ずみがなくなりきれいな浴槽を維持することができておすすめです。

お風呂クリーニングで使われる道具

毎日使用する浴室だからこそ、いつでも清潔な状態を維持したいと考える方は多くこまめにお風呂クリーニングを行うことが理想的だと言われています。
専門業者に依頼する方法もありますが、掃除のコツや方法を理解しておけば、自分でも十分に綺麗にすることは可能です。
では実際にプロの現場で使用されているお風呂クリーニングで使用されている道具をチェックしていきます。
まず掃除に欠かせないのがスポンジとブラシ、スクイージーにマイクロファイバータオル、ゴム手袋などがあれば基本的に浴室を綺麗にすることができます。
もし狭い部分を綺麗にしたいという場合には、古い歯ブラシや綿棒、爪楊枝などがあると便利なので、基本の掃除道具と一緒に準備してくとスムーズに掃除をすることができるのでおすすめです。
そして汚れを落とす中性洗剤や酸性洗剤、塩素系漂白剤も浴室の汚れに応じて使い分けることがポイントで、特に黒カビが気になるようなら塩素系漂白剤を1~2週間に1回を目安に使用するようにしましょう。

お風呂クリーニングの基本的な作業内容

お風呂は水垢をはじめ、石鹸カスや皮脂など汚れ、カビも発生しやすい場所です。
クリーニングでは浴室の天井や壁、床や浴槽はもちろん、鏡や排水口まで全体をきれいにします。
専用のブラシや洗剤を使い、それぞれの汚れに対処していくので、目に見えない汚れまでしっかり落とせるのがメリットです。
基本的な作業内容は、天井や壁面はカビや石鹸カスを落とし、汚れが溜まりやすい床も丁寧に洗浄します。
普段のお掃除で気が付きにくい照明や換気扇も、分解できる部分は取り外して、内部まで掃除を行います。
蛇口や排水口は水垢やぬめりが付着するので、細かな部分まできちんとキレイに仕上げるので安心です。
浴槽の内部や鏡、浴室小物もお風呂掃除の対象となります。
複雑な形をした排水口は分解し、奥までクリーニングを行います。
最後は清掃で濡れたお風呂場内を、全体的に乾拭きして終了となります。
掃除を行う会社によってサービス内容は異なりますが、基本的にお風呂場内部に設置された物や設備すべてが清掃の対象です。

お風呂クリーニングに関する情報サイト
はじめてのお風呂クリーニング

お風呂をクリーニングするとどういった効果があるのか?プロに任せるとどういった効果があるのかを解説していきます。普通に掃除するよりもどういった効果があるのかという疑問が出てくるでしょう。もちろん有料でお願いするだけの効果とメリットが出てくるのかを解説していきます。浴室のざらざらした汚れや水垢を、プロの技ですっきりと落ちていくのがメリットといえるでしょう。石鹸カスや水垢は、専用洗剤で浸してつけおきしておきます。

Search